公立
東海地方 / 愛知県

名古屋市立大学

人間文化研究科
人間文化専攻 臨床心理コース

臨床心理士公認心理師
第一種

入試時期

2回(9月、2月)

募集人数

10名

出願期間

・1回目:2020年8月5日(水)~8月18日(火)
・2回目:2020年12月3日(木)~12月18日(金)

試験日

・1回目:2020年9月12日(土)、13日(日)
・2回目:2021年2月6日(土)、7日(日)

試験科目

[1日目]
・専門科目:臨床心理学を含めた広く心理学に関する専門知識を問う内容になります
・英語:臨床心理学を含めた広く心理学に関する専門知識を問う内容になります
[2日目]
・口述試験:研究計画書の内容を中心に行います

提出書類

研究計画書

合格発表日

・1回目:2020年10月8日(木)
・2回目:2021年2月18日(木)

入試説明会

【大学院合同説明会】
大学院合同説明会を令和2年10月15日(木曜日)に開催します。各研究科の教職員がカリキュラム内容や入試制度等を個別のブースにてご説明します。

https://www.nagoya-cu.ac.jp/admissions/event/graduate/index.html

【大学院オンライン入試相談会(秋)】
人間文化研究科では、無料アプリ「Zoom」を使ったオンライン入試相談会を開催します。参加にあたっては事前に申し込みが必要です。

【日時】
令和2年11月7日(土曜日)
午後1時:研究科長挨拶、研究科全体の説明
午後1時30分:コースに分かれて個別相談(お一人約10分程度)
・個別相談の開始時間は申込後、改めて通知いたします。

【内容】
コース毎に「Zoom」による相談会
・臨床心理コースは、相談形式ではなく、Q&Aを基にした全体的な説明のみになります。

【申込方法】
大学ホームページをご確認ください。
https://www.nagoya-cu.ac.jp/admissions/graduate/human/index.html

研究科の概要・特色

名古屋市からの寄附により、平成29年4月よりスクールカウンセラー等の臨床心理士を養成する人間文化専攻臨床心理コースを開設しました。この臨床心理コースは、なごや子ども応援委員会(名古屋市教育委員会)や名古屋市立大学病院等と連携し、「臨床心理基礎実習」等を行いながら、心理面接及び心理査定だけでなく、予防活動を含めたコミュニティ援助も念頭に置いた包括的な介入ができ、さらに援助チームの一員として他職種と協働して活躍できるようなスクールカウンセラー等の公認心理師および臨床心理士の養成を目指します。
※公認心理師国家試験の受験資格取得には、公認心理師法施行規則に定める所要の科目を開設する大学において、所要の単位を修得して卒業している必要があります。

求める人材

今日の地球規模の課題および地域社会における諸課題は、技術的、物質的アプローチのみでは決して解決に至りません。価値観の多様性を前提としながら、人間の文化について深く掘り下げた研究が求められており、人間文化研究科の使命はまさにこうした研究を通じて、持続可能な社会の実現へ向けて貢献していくことにある。本研究科では人文社会諸科学の研究、特に、思想、歴史、文学、メディア、労働、地域づくり、人権、福祉、教育、心理などの分野諸課題について、専門的かつ複眼的に研究し、教員と共同で研究することができる。深い専門知識と幅広い教養を生かして、将来、研究者になりたい、あるいは地域社会に貢献したい、また国際社会で活躍したいという意欲を持つ人の入学を期待している。

[臨床心理コース]
・臨床心理学における強い問題関心を有している人
・臨床心理学の研究者を目指した学術的修練を積みたい人、学校、地域、医療機関等において臨床心理学の専門知識をもつ高度専門職業人を志す人

担当教員

・伊藤 亜矢子 教授
学校臨床、スクールカウンセリング、学級風土コンサルテーション

・小川 成 教授
認知行動療法、不安障害、気分障害、不安障害の併存疾患

・坪井 裕子 教授
児童思春期、臨床心理学、子どもの発達支援、心理危機からの回復

・山中 亮 教授
悲嘆カウンセリング、学生相談

・山本 竜也 講師
認知行動療法

所在地・連絡先

〒467-8601
名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
名古屋市立大学事務局 学生課 入試係 人間文化研究科
担当電話:052-853-8020
FAX:052-841-7428

地図

ページトップへ