私立
中国地方 / 岡山県

就実大学大学院

教育学研究科
教育学専攻 教育臨床心理学コース

スクールカウンセリングなどの学校臨床やこども臨床の活動に強い人材を育てます。 日本臨床心理士資格認定協会「第一種指定校」として認証

臨床心理士公認心理師
第一種

入試時期

年2回(9月,2月)

募集人数

4名

出願期間

第1回:2021年9月1日(水)~9月30日(金)
第2回:2022年2月9日(水)~2月18日(金)

試験日

第1回:2021年9月25(日)
第2回:2022年2月27日(日)

試験科目

・英語(英和辞典の使用可。ただし、大学が準備したものを貸与。)
・専門科目(心理学・臨床心理学)
・口述試験(主として研究計画について行う)

提出書類

研究計画書等、その他は要項参照

社会人入試

社会人特別選抜 出願資格
・1年以上の社会経験が必要。
・その他は要項参照。

合格発表日

第1回:2021年10月1日(金)
第2回:2022年3月3日(木)

入試説明会

7月8日(木) 2021年度第1回就実大学大学院教育学研究科公開説明会
2022年1月7日(金)に第2回目の公開説明会

7月17日(土)に教育臨床心理学コースのオープンキャンパス

研究科の概要・特色

【人材育成の目標】
現代の教育をめぐる諸問題に高い見識と実践力をもって、指導的な立場で対処できる教育実践者及び教育支援者の育成を目標とする。そのため、課題探究意識のもと、教育実践と教育支援に関する理論と実践の融合をはかり、現代の教育現場・心理臨床現場に活用し得る教育研究能力を涵養する。

【育成する人材像】
教育学専攻:本専攻の目標は、「教え導く」教育の専門家、「支えケアする」心理臨床の専門家を育成することです。そのために、学生の関心・進路や取得資格に対応した技能や研究の指導を行う5つのコースを設けています。
~教育臨床心理学コース~
■医療・保健・福祉・教育など他領域で心理臨床に携われる知識や実践力に加え、心理臨床に関する研究的素養を有した人材
■特に、スクールカウンセリングなどの学校臨床子供の臨床について、高い専門性を有した人材

求める人材

・学部で心理学に関する基礎的知識・技能を習得し、さらに臨床心理に関する高度な専門的知識と実践的能力・技能を獲得し、公認心理師・臨床心理士の資格取得を目指す人。
・教員等で教育相談等を実践してきた経験を持ち、臨床心理士の資格取得を目指す人。

担当教員

●山本 力 教授
・喪失と悲嘆の臨床
・統合的心理療法
・学校臨床心理学
・事例研究法

●鈴木 国威 教授
・知覚や認知の個人差に着目した研究を行っています。特に身体の左右差が認知に及ぼすメカニズムや、個人差を遺伝や環境要因による影響の推定を行っています。

●石原 みちる 教授
・学校における心理臨床活動、特にスクールカウンセラーが行う教師へのコンサルテーションについて

●永田 忍 准教授
・不安障害の認知行動療法
・健常者・精神疾患患者の認知的柔軟性・精神的敗北感について

●山田 美穂 准教授
・身体的アプローチを用いた心理的援助

●岩佐 和典 准教授
・ロールシャッハ法
・精神疾患の感情的基盤
・感性的質感の心理物理
・慢性痛の認知行動療法

●井芹 聖史 講師
・プレイセラピー
・学校臨床
・箱庭療法

●堀田 裕司 講師
・職場のメンタルヘルス、特に、労働者のソーシャルサポートに関する職場のメンタルヘルス研究

●林 秀樹 助教
・精神分析的心理療法
・非定型うつ病
・子供
・学校臨床
・スクールカウンセリング

所在地・連絡先

〒703-8516
岡山市中区西川原1-6-1

TEL:(086)271-8118 FAX:(086)271-8260
E-mail:nyushi@shujitsu.ac.jp
WEB:http://www.shujitsu.ac.jp/category/department/daigakuin_kyoiku_top

地図

ページトップへ